元旦の東京新聞全国版に掲載された記事のご紹介です!

 

さいたま市を拠点に日本画家として

活動している小笠原明代のブログです。

主に金魚や動植物や縞々を背景にした

モダンな日本画を描いています。

 

数日前から引いた風邪か治らず、毎朝 塩水で鼻うがいをしています。。

さて、今頃になってしまいましたが、

元旦の東京新聞全国版に掲載された記事のご紹介です!!

印刷の事を考えシンプルな構成で描きました。刷り上がりを意識して描くのはいつも難しいです。

 

原画はこちら↓

細川紙に墨と胡粉と岩黒(岩絵具)を使って描いた葉書サイズのモノクロ作品です。

こちらの原画は

伊勢丹浦和店で3月20日〜26日開催する

個展『さひたま花巡りvol.6』に展示販売する予定です。

【次回展覧会予定】
2019年 3月 20日〜26日
さひたま花巡りvol.4 伊勢丹浦和店
(さいたま市)

2019年6月26日〜7月2日

グループ展 「アート関ヶ原」

阪神百貨梅田本店(大阪)

 2019年 7月19日〜25(仮)
   3人展    東武百貨店船橋店
(船橋市)

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

作品のテーマは『調和と繋がり』です。絵の題材である植物や生き物がもつ生命力に溢れるエネルギーを作品に反映させたいと願って描いております。抽象的な要素が見えない世界、

(霊、魂、精神、心)

具象的な要素が目に見える世界

(肉体や物質など3次元的なもの)

と当てはめ、

2つの要素を1つの画面に描いております。

 

関連記事

  1. 2019年 元旦 新聞掲載されます。

  2. メディア掲載@東京新聞、中日新聞

  3. 2019年10/10(木)東京新聞朝刊イラスト掲載頂きました。

  4. メディア掲載産経新聞

PAGE TOP