小笠原明代の作品のテーマ

 

さいたま市を拠点に日本画家として

活動している小笠原明代の ブログです。

主に金魚や動植物や縞々を背景にした

モダンな日本画を描いています。

 

花巡り-椿と山茶花-/size S3/

 

【作品のテーマ】

作品のテーマは『調和と繋がり』です。絵の題材である植物や生き物がもつ生命力に溢れるエネルギーを作品に反映させたいと願って描いております。抽象的な要素が見えない世界、(霊、魂、精神、心)

具象的な要素が目に見える世界

(肉体や物質など3次元的なもの)と当てはめ、

2つの要素を1つの画面に描いております。

 

子供の頃からする不思議な体験と病気の経験から、見えない世界にも関心を持つようになりテーマに盛り込んでいます。

 

関連記事

  1. 過去の展覧会風景 さひたま花巡りvol.1〜3@伊勢丹浦和店7階プチギ…

  2. 日本画のススメ

  3. YouTubeに動画アップしました!

  4. 動画講座に参加してきました!

  5. Tシャツご予約注文受け付けます!

  6. 青年教室ボランティア活動@多摩市民館

PAGE TOP