小笠原明代の日本画作品とは?

 

さいたま市を拠点に日本画家として

活動している小笠原明代の ブログです。

主に金魚や動植物や縞々を背景にした

モダンな日本画を描いています。

 

花巡り-菖蒲-/size S3/ 日本画

【支持体】

主に和紙(ユネスコ無形文化遺産に登録されている埼玉県小川町の工房の和紙)
を支持体として日本画作品を制作しております。
【作品の特徴】
和紙の柔らかな風合いをいかし、
花や金魚や生き物の具象(モチーフ)と
幾何形態の縞模様や円などのを用いた
抽象(背景)の対比特徴としております。
仕入れた和紙を加工する所から作業をしており、
絵を入れる迄にも幾つもの作業工程を
経ています。
日本画古典的な技法を用いていますが
現代的でモダン
な作品です。
そして、私の作品は、
 現代の居住空間に飾りやすい日本画と
ご好評頂いています。
【次回展覧会予定】は
2019年 3月 20日〜26日
さひたま花巡りvol.4 伊勢丹浦和店
(さいたま市)

2019年6月26日〜7月2日                                       グループ展 「アート関ヶ原」                           阪神百貨梅田本店(大阪)

 2019年 7月19日〜25(仮)
   3人展    東武百貨店船橋店
(船橋市)
是非、この機会に実物をご覧ください!!

関連記事

  1. 季節の花の作品薔薇

  2. 昨日は取材に行ってきました。

  3. ユニコーンコレクション

  4. アンケートと作品のご感想

  5. Q &A

  6. 技法紹介-下地作り-YouTube動画にUPしました。

  7. 作品紹介/梓・浜茄子・五葉躑躅/天皇家お印の花作品

  8. ウエサク満月

PAGE TOP