チベットタンカ講座

 

 

活動している小笠原明代のブログです。

主に金魚や動植物や縞々や水玉などの幾何形体を背景にしたモダンな日本画を描いています。

円宙-enku-花神 S3 / 日本画  細川和紙 岩絵具 金箔

 

私の今生の一個前の前世はインド中部で飢饉で餓死した仏教のお坊さんだったそうです。

それが影響しているのか(?)思い起こせばかなり昔から曼荼羅に惹かれるものがありました。

昨日関東は台風予報でしたが、お天気に恵まれ、そんな日の夕方に

都内にあるチベット料理レストランカフェで開催するチベットタンカ講座に行ってきました♪

講座の講師をされたのは

日本人のチベットタンカ絵師 西 洋児先生。

ネパールにあるチベットタンカの学校で5年間(本来は6年だそうです)学ばれ、カルマガディ派ラディー・ロプンの称号を授かられた凄いお方です。

学校での生活、タンカの制作についてや、流派の違いなどなど、

奥深い〜お話しを楽しく伺う事ができました♪

 

益々チベットタンカ熱が上がりそーデス!

ネパール行きたい!

 

 

 

「現代日女流日本画展〜うららなな〜」

2019年7月18日(木)-24日(水)

10:00-19:30(最終日16:00まで)

作家在廊予定 11:00-17:00

【作家】渡辺由起 、穴澤和紗、小笠原明代

私は旧作品と新作品の約15点展示予定です。

同月7月10日(水)-16日(火)には『アート関ヶ原 East Vs West 大坂夏の陣』
[会場] 阪神梅田本店9階:阪神美術画廊(入場無料)に参加いたします。詳細は↓

https://akiyoogasawara.com/art-sekigahara-east-vs-west2019-7-10-16/

制作頑張りまーす!

✴︎ユーチューブチャンネル登録お願いします!

https://m.youtube.com/watch?v=e7qYw1ZjOzc&feature=share

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

作品のテーマは『調和と繋がり』です。絵の題材である植物や生き物がもつ生命力に溢れるエネルギーを作品に反映させたいと願って描いております。抽象的な要素が見えない世界、

(霊、魂、精神、心)

具象的な要素が目に見える世界

(肉体や物質など3次元的なもの)

と当てはめ、

2つの要素を1つの画面に描いております。

♦︎♢♦︎♢♦︎♢♦︎

◻︎作品の制作依頼賜ります◻︎

ご予算、大きさ、ご用途などご要望をお伺いし、制作あします。先ずは、お気軽にお問い合わせください。

購入のご相談・お問合せフォーム

最後まで、ご覧くださりありがとうございます!

日本画家の小笠原明代でした!

関連記事

  1. 今年もお世話になりましにた!

  2. たまには違う技法の作品

  3. 画家は絵を描くだけじゃない!②

  4. 桜草咲き始めました!

  5. 目の保養

  6. 芸術の神様

  7. 一人快気(?)祝い

  8. 古典への誘い

PAGE TOP