作品のこだわり

 日本画家 小笠原明代のブログです。

主に金魚や動植物や縞々や水玉などの幾何形体を背景にしたモダンな日本画を描いています。このサイトでも作品をご購入頂けます。

花巡り-秋桜- S3 完売

暮らしや心に寄り添えるように、
ご縁ある方に作品がちゃんと届くように、
想いを込めて一作品、一作品
丁寧に制作しています。

さて、
本日は作品に対するこだわりを綴ってみました。

◉紙にこだわる
和紙
紙漉きの技術がユネスコ無形文化遺産に登録されてた和紙を製造している工房の手漉き和紙を使用しております。

http://www.huffingtonpost.jp/2014/11/26/japanese-paper-washi-unesco-heritage-list_n_6228190.html

◉絵肌にこだわる
マチエール
和紙そのものの風合いを生かしたり、
和紙の生紙から加工を施したり、

縞々にしたり、

水玉にしたり

幾何形体を用いた独特な絵肌にこだわります。

また、

モチーフと和紙の調和を考え、余白をいかしたり

また、縞模様の背景に菖蒲を描いたり
グラデーションにしたり、
こだわりの作品を
ご覧頂ける機会がございます。

【次回展覧会】

 ◼︎グループ展/アート関ケ原~安芸冬の陣

会期 2019/12/12(木)-18(水)

会場 福屋八丁堀本店

◾︎個展/さひたま花巡りvol.5◾︎

会期 2020/3/18(水)〜24(火)

会場 伊勢丹浦和店7階 プチギャラリー

 

✴︎ユーチューブチャンネル登録お願いします!

https://m.youtube.com/watch?v=e7qYw1ZjOzc&feature=share

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

作品のテーマは『調和と繋がり』です。絵の題材である植物や生き物がもつ生命力に溢れるエネルギーを作品に反映させたいと願って描いております。抽象的な要素が見えない世界、

(霊、魂、精神、心)

具象的な要素が目に見える世界

(肉体や物質など3次元的なもの)

と当てはめ、

2つの要素を1つの画面に描いております。

♦︎♢♦︎♢♦︎♢♦︎

◻︎作品の制作依頼賜ります◻︎

こちらのサイトでも作品をご購入頂けます。ご予算、大きさ、ご用途などご要望をお伺いし、制作あします。先ずは、お気軽にお問い合わせください。

購入のご相談・お問合せフォーム

最後まで、ご覧くださりありがとうございます!

女流 日本画家の小笠原明代でした!

関連記事

  1. 過去作品のご紹介

  2. ご依頼作品のご紹介

  3. アンケートと作品のご感想

  4. 季節の花の作品薔薇

  5. 端午の節句にオススメの作品

  6. 小笠原明代の日本画作品とは?

  7. 龍体文字と富士山

  8. 昨日は取材に行ってきました。

PAGE TOP