勝手にさひたま花巡り@キタミソウ

さいたま市を拠点に日本画家として

活動している小笠原明代のブログです。

主に金魚や動植物や縞々を背景にした

モダンな日本画を描いています。

巷ではインフルエンザが流行っているようで、

実は私もインフルエンザA型にかかってしまいました。(涙)

 

さて、

以前、取材に行った 行田市馬見塚にある

南河原 馬見塚 星川  キタミソウ生息地をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

キタミソウは国のレッドリストで絶滅危惧Ⅱ類として指定されている希少な植物なのです。キタミソウは長さ2〜5㎝のヘラ状の葉で、花は白色の2〜3㎜のとても小さな植物です。11月から4月の間に2度開花するそうです。

良く目を凝らしてみないと、見落としてしまいそうでした。

【次回展覧会予定】
2019年 3月 20日〜26日
さひたま花巡りvol.4 伊勢丹浦和店
(さいたま市)

2019年6月26日〜7月2日                                  グループ展 アート関ヶ原阪神百貨梅田本店(大阪)

 2019年 7月19日〜25(仮)
 3人展    東武百貨店船橋店
(船橋市)

♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎♦︎

作品のテーマは『調和と繋がり』です。絵の題材である植物や生き物がもつ生命力に溢れるエネルギーを作品に反映させたいと願って描いております。抽象的な要素が見えない世界、

(霊、魂、精神、心)

具象的な要素が目に見える世界

(肉体や物質など3次元的なもの)

と当てはめ、

2つの要素を1つの画面に描いております。

♦︎♢♦︎♢♦︎♢♦︎

◻︎作品の制作依頼賜ります◻︎

ご予算、大きさ、ご用途などご要望をお伺いし、制作あします。先ずは、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. さひたま花巡りvol.6個展動画をYouTubeにUPしました!

  2. 調神社

  3. 一人快気(?)祝い

  4. 明日は春分の日

  5. 初詣

  6. 整えてます。

  7. 暑中お見舞い申し上げます!

  8. 古典への誘い

PAGE TOP